冬の味覚の王様といえば…そうです!カニです。
そして日本海近郊で獲れるカニを松葉ガニと呼びますが、その地域によっても呼び方が違います。
例えば、鳥取県・島根県近郊では松葉ガニと呼び、福井県(越前地方)近郊で獲れるのを越前ガニと呼びます。
(※京都の間人港で水揚げされれば間ガニ(たいざ)、兵庫の津居山港で水揚げされれば津居山ガニ。)
そして地元の人々は、松葉ガニ(越前ガニ)とズワイガニを分けています。
実はズワイガニ…見かけは松葉ガニ(越前ガニ)と瓜二つなのですが、イザ食べてみると味に雲泥の差があるのです。
松葉ガニ(越前ガニ)は身が引き締まっていますが、ズワイガニの身はスカスカなのです。

かに通販をチェック

よく産地直送という謳い文句でカニが販売されていますが、見かけがそっくりなズワイガニには注意が必要です。

カニといえば、いろいろな食べ方ができて、私はとても好きです。
無難なのは蒸して食べるのがおいしいと思います。
ゆでてもいいのですが、これをするとせっかくのうまみがゆで汁のほうに出て行ってしまうので、私としては蒸すのをおすすめします。
後は、カニの身をほぐして、サラダに使うとか、グラタンに使うとかして食べています。

どちらもなかなかおいしくて、私はとても好きです。
ちなみに、家庭で食べるときはどうしても生では食べにくいのではないかと思います。
なので、こうして加熱調理をして食べるのがほとんどではないでしょうか。
ですが、カニ専門店では、カニの刺身も私は食べています。
とろけるような甘さで、私はすごく好きです。
ついつい食べ過ぎてしまうので、なるべくセーブするようにしていますが、生ものが平気な人であれば、これはかなりおすすめです。
ということで、カニですが、加熱しても、また生で食べてもおいしいので、私はカニは大好きです。